人脈を使うと簡単に転職!!転職後も考えて行おう!!

人脈などをたどって探す

医師になるには、まずは大学の医学部に入ります。国公立にしても私立にしても難関といわれ、簡単には入学できません。その後6年間学び、卒業後に医師国家試験を受けます。そして研修医として勤め、ようやく一人前の医師となれます。ここまでの間に、多くの人たちと出会っているはずです。学生時代の学友であったり、研修医時代に一緒に受けた人、担当してくれた先輩医師、そして一人前になった後に勤めた病院での同僚などです。転職を行おうとするとき、まず今までの自分の人脈を使ってみると良いかもしれません。大学時代の学友がすべて同じ進路を進むわけではありません。いろいろな道に進んでいるはずです。となると、それぞれで人事の情報などを持っているはずです。

人脈を使った転職は覚悟が必要

大学の医学部は、国公立にしても私立にしても1学年の学生はあまりいません。高度な内容を学び、さらには研修などを行います。少人数による充実した環境で学べるようになっています。それだけに学友同士のつながりも強くなり、医師になった後もそれなりに交流を持つ人も多いはずです。医師が転職をするとき、自分の人脈を使って行うときがあります。学友などに口利きをしてもらい、紹介をしてもらいます。採用する側も全く知らない人よりも、誰かの知り合いの方が使いやすい時もあります。うまく話は進むかもしれません。ただ、それなりの覚悟は必要です。転職先が気に入らないからと言って簡単には辞められません。その後の仕事を考えて行う必要があります。

深夜の時間帯に行う医師のバイトは夜間割り増しによって賃金が上がるメリットがあります。その反面、常駐する医師の数が少ないので患者の数が増えると対応が難しくなる点を注意します。