住み込みの仕事はどんな職業に多いの?メリットやデメリットについて

住み込みの仕事が多い職種とは!?

住み込みの仕事は、日本にたくさん存在していることをご存知でしょうか。求人票を見ると、備考欄に寮付きや社宅完備、住み込み可という言葉が記載されているものがありますが、これらは全て住み込みで働けることを意味しています。実際に住み込みの仕事が多い職種を調べてみると、自動車や電化製品等の製造に携わる工場作業員や、リゾートホテルやアミューズメント施設、温泉旅館などのスタッフ、飲食店や新聞配達店の従業員などがあるようです。また住み込みで働ける期間は仕事によって違いがあり、通年で働けるところもあれば、繁忙期のみの住み込みとなるところもあります。職種や業界によって事情が異なってくるので、応募する前に確認しておいた方が良いですね。

住み込みの仕事のメリットとデメリット

住み込みの仕事には、メリットがたくさんあります。まず第一に家賃が無料になったり、格安になることです。職種によっては、三食付きのところもあります。生活費を大幅に削減できるので、無駄遣いをしなければお金もどんどん貯まります。金銭的なメリットが大きいので、がっちり稼ぎたい人には特におすすめです。その他、新天地で新しい経験を積めることや、様々な人との出会いがあることもメリットだと言えるでしょう。一方、住み込みの仕事のデメリットは、急な業績の悪化やトラブルの発生によって、一方的に仕事が終わってしまう可能性があることです。その場合は宿を出なければならず、行き場に困ってしまうケースも考えられます。滅多にないケースではありますが、このような場合に備えて対策を考慮しておく必要もあるでしょう。

寮の求人ですが、近年減少しています。シニア世代が応募することが多く、寮は限られていますので、応募者過多が主な原因です。