警備員の仕事内容は1つじゃない!仕事の種類や探し方について

4種類に分けられる警備員の仕事

警備員はとても需要が高い職種だと言われていますが、その仕事の種類は1つではありません。警備員の業界で見ると、一号警備から四号警備の4種類に分けることが可能です。まず四号警備についてですが、これは身辺警備を意味しています。政府の高官や世界を股にかけるような大物アーティストには、警備する人の存在が欠かせません。そのような場面で活躍するのが、四号警備に属する警備員だと言えます。続いて三号警備は、輸送警備員のことです。貴重な物や現金を輸送する時には、誰かに盗まれないようにしっかりガードしなければなりません。輸送警備員は悪意のある第三者からの盗難を防ぐために、しっかりと目を光らせる役目を果たしています。そして二号警備は、交通誘導や雑踏警備に従事する警備員を指しています。幹線道路の工事を行う時は、通行する車や歩行者が事故に遭わないように、しっかりと注意を呼びかけなければなりません。交通誘導警備員は、道路工事を行う時に欠かせない存在だと言えるでしょう。最後に一号警備は、施設警備員を意味しています。大型のショッピングセンターや大企業、学校などに駐在し、怪しい人物がいないか見回りなどを行いながら、施設の安全を守っています。

警備員の仕事を探す方法

実際に警備員の求人を探した事がある方ならお解かりだと思いますが、警備員の求人はあらゆる媒体に掲載されています。ハローワークはもちろんのこと、一般的な求人ポータルサイトやアルバイト雑誌など、その求人数は実に豊富です。ただし、媒体によって掲載される求人が異なるケースもあるので、求人媒体は幅広くリサーチすることが大切です。

警備員のバイトは夏の炎天下でも仕事をする場合があるので、長時間耐えられる体力を持っている事が大切です。