もう迷わない!すぐ書ける英文履歴書の作り方

英文履歴書を書くためのポイント

外資系企業や海外で転職活動をする際、英文履歴書を書く必要が出てきます。英文履歴書とは、日本で用いられている履歴書と職務経歴書を一枚に合わせたようなのですが、自身の人物像と企業が求める人材がいかに合致しているかをアピールする必要があり、海外ビジネスのやり方を理解して書くことが大切です。英語は文法的には結論から話す言葉であるため、履歴書を書く際も自身のアピールポイントや特に伝えておきたいことは初めの方に書いておきます。同様な考え方で、職歴や学歴も直近の経歴から順に書きます。日本の履歴書では趣味や特技を記載する欄がありますが、英文履歴書においては仕事に無関係な要素は省くため、書く必要はありません。

英文履歴書は見た目が重要

英文履歴書には決まった様式がありませんが、人事担当者に見てもらうためには読みやすいフォーマットで作成することが大切です。A4か、レターサイズの紙を準備し基本1枚、多くても2枚までにします。PCを使って作成することが多いですが、基本フォントは「Time New Roman」などの見やすい書式を使用します。フォントサイズは12pから14pを基本に選び、見出しは本文よりも2p程度大きくしておきます。履歴書を書く際は、カラーは使用せずモノクロで制作し、出力が必要な場合はやや厚めのコピー用紙に印刷します。履歴書に書く項目は、自分のスキルや業績を先に説明した後、職歴や学歴を時系列順に並べて記載するのが一般的です。

職務経歴書を英語で記載する場合は細かい文法まで気を配りましょう。なぜなら英語を用いての書類作成能力を確認したいからです。