歯医者さんで働いている女性スタッフ

虫歯の治療を行っている歯医者さんに行くとナース服を着た女性スタッフと歯科医と同じような白衣を着た女性スタッフに分かれているケースがあります。また、ナース服でも色が違っていたり、前掛けやエプロンのようなものを付けているスタッフさんもいますが、女性スタッフは歯科衛生士と歯科助手に分ける事が出来ます。歯科助手は歯科医の助手や会計処理、治療を終えた後の片付けなどを行うスタッフ、歯科衛生士は患者さんの口の中の状態をチェックしたり、歯石除去を行う専門職などの違いを持ちます。最近は、歯科衛生士の数が少ないなどからも、歯科医が歯科衛生士の代わりに予防処置を行うケースも多いと言われており、歯科衛生士の求人数も多くなっています。

歯科助手が資格を取る方法とは

歯科助手よりも歯科衛生士の方が給料が良いなどと言われていますが、これは医療行為を可能にするなどからも歯科衛生士の方が待遇は良いわけです。国家資格でもある歯科衛生士の資格は歯科衛生士養成所や歯科衛生士学校を卒業する事で受験資格を得られるのが特徴です。これらの学校を卒業している場合には受験資格を持っているわけですから試験を受けて合格する事が歯科衛生士の道に繋がります。高校を卒業して歯科助手になっている場合でも、これらの学校に通って勉強を行い、卒業する事で受験資格が与えられます。尚、歯科衛生士の勤務先は、歯科医院だけでなく大学歯学部、小児歯科や矯正科などの歯科病院、保健所など様々です。

歯科衛生士の募集は、求人サイトや求人広告だけでなく、クリニックのホームページに掲載されている場合もあるため、幅広い媒体を通して情報収集を行うことが重要です。