知ってた!国家資格の必須な歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事と活躍の場

歯科衛生士は、いつまでも自分の歯で美味しく食事ができる健康的な歯や口腔内の衛生ケアなどをサポートするなど、人に役立つことができる仕事ができる職業です。歯科衛生士になるには、高等学校卒業後に専門学校や短期大学などの歯科衛生士養成機関で、歯科衛生士として必要となる知識や技術を習得し、卒業することで歯科衛生士の国家試験の受験資格が取得できます。年に1度行なわれている国家試験に合格し、厚生労働大臣によって歯科衛生士名簿に登録されると、歯科衛生士免許証が発行されるという仕組みです。歯科衛生士資格を取得すると、歯科医院などの医療機関のほか、高齢者向けの介護施設や企業、保育園などで活躍ができます。

就職先や転職先探しのためのさまざまな方法

歯科衛生士は、国家資格を必須とする職種で、資格は生涯有効なため結婚や出産などのライフイベントで離職した場合でも、再就職先を見つける際にも有利です。歯科衛生士の求人募集は、ハローワークや医療系を専門としている求人サイトに掲載されているため、多くの場合にはこれらを利用しています。医療系の人材派遣会社や人材紹介会社を通す方法もあり、この場合には歯科衛生士の職場環境や内情に詳しいアドバイザーなどと相談しながら、自分に最適な職場が見つけられるというメリットがあります。そのほかにも、歯科医院のホームページの求人欄や電話で直接問い合わせて応募する方法もあり、さらに自分が卒業した専門学校などにも求人募集を掲載していることもあるので、学校を通して紹介してもらう方法もあります。

歯科衛生士とは、歯医者さんで治療の前に歯垢を取ったりしてくれる人のことです。歯科衛生士の求人というのはそれらをできる資格を持った方をその病院で働いてもらうために探しているというものです。