ここもポイント!歯科衛生士として活躍するには

働く条件よりも職場環境も重要

歯科衛生士は、国家資格が必要となる専門職で、歯科診療所や病院で活躍していることがほとんどですが、近頃では保育園や小学校、介護老人施設などでも需要のある仕事です。歯科衛生士の仕事は、主に歯科医師の診療の補助をする看護師的な仕事と思われがちですが、虫歯や歯周病の予防のために歯石除去などの歯科予防処置や歯磨き指導などの歯科保健指導も法律で定めのある仕事です。歯科衛生士として働く場所選びには、高給料や休暇が取りやすいなどを求めることは一般的ですが、条件に関しては自分の希望が全て叶えられないので最低限のラインを決めておくことが必要です。また、条件だけでなく歯科診療所の院長の人柄や診療所内の人間関係など環境面を重視するほうがうまくいくといわれています。

さまざまな手段で探せる歯科衛生士の職場

歯科衛生士の求人募集は、一般的にはハローワークや医療系の専門性の高い求人サイトに掲載されていて、転職や再就職の際にも一番用いている職場探しの手段です。求人サイトのほかにも、歯科衛生士の内情や職場環境に詳しいアドバイザーやコンサルタントがいる、医療系を専門としている人材派遣会社や紹介会社を利用でき、相談しながら自分に合った職場が探せるのがポイントです。自分が知っている歯科診療所や病院がある場合には、それぞれのホームページから求人情報を調べて直接求人募集に応募するという手段もあります。ただし、診療所などによってはホームページを公開していない場合もあるので、その場合には電話で問い合わせしてみましょう。

歯科衛生士は国家資格なので、転職するには有利な職業です。歯科衛生士の転職は求人数も多く、条件に合った職場が見つけやすいでしょう。